In English
Jubileets logotype har sin grund i en bild, målad av dåtidens främste blommålare, Georg Dionysius Ehret. Bilden beskriver sexualsystemets klass 10.
Linnéjubileet
Carl von Linné
Internationell verksamhet
Turism
Press
Ungdom
Trädgård
Vetenskap & forskning
Skola
Utställningar

リンネ年表

1707年 リンネ(本名カール・リネウス)、5月13日(現在の暦の5月23日)に、スモーランド地方のロースフルトに生まれる。
1709年 家族とともにステーンブローフルトに転居。
1716年 ヴェクショーにある旧制中学校(高校)に入学。
1727年 医学を勉強するため、ルンド大学に入学。ルンドに1年間滞在する。
1728年 ウプサラ大学に移り、医学の勉強を続ける。
1729年 初めての学術論文「植物の婚礼序説」を著す。
1732年 王立科学協会の調査遠征として、ラップランドに派遣される。
1734年 ダーラナ地方へ遠征する。このときに、後に結婚するサーラ=エリザベット・モラエアと出会う。
1735年 自然界の分類法を著して有名になった『自然の体系』の初版を出版する。
1735年 オランダのハルダーワイクで博士号を取得。博士論文はマラリアについて。オランダに3年間滞在する。
1738年 ストックホルムで診療所を開業する。
1739年 ストックホルムのスウェーデン王立科学アカデミーの創設に携わり、初代会長に就任する。同年、ファールンにある義父母の屋敷スヴェーデンにて、サーラ=エリザベット・モラエアと結婚。
1741年 リンネ、ウプサラ大学の医学教授に任命される。
  同年、スウェーデン国会からの依頼で、自然界から用途のある物を探索する目的で、ゴットランド島とエーランド島へ調査遠征する。  
  この年、第1子(長男)カール・リネウス二世(小リンネ)誕生。  
1744年 ウプサラの王立科学協会の主事となる。
1746年 スウェーデン国会からの依頼で、ヴェステルヨートランド(西ヨートランド)地方へ調査遠征する。
1749年 スウェーデン国会からの依頼で、スコーネ地方へも調査遠征する。
1753年 ラテン語での植物命名法を出版する。
1757年 科学への貢献とスウェーデンへの厖大な功績を讃え、リンネに貴族の称号が授けられる。
  以降、カール・フォン・リンネと名乗るようになる。
1758年 ラテン語での動物命名法を出版する。
  同年、夏を過ごす家として、また投資として、ウプサラの郊外のハンマルビーやセーヴャに屋敷を購入する。
1761年 はじめて正式に、貴族として認められる。
1766 - 1768年 『自然の体系』の最後の版が出版される。この版ではじめて、二名法による命名法が動物に一貫して用いられる。
1778年 リンネ死去。教授職は、リンネの息子(小リンネ)が後任するが、5年後には息子も死去する。
1788年 ロンドンに、リネアン・ソサエティが創設される。
1828年 リンネの息子の死後、リンネの蒐集をイギリス人のスミス氏が購入していたが、この年、リネアン・ソサエティが、スミス氏からリンネの蒐集を買い取る。