In English
Jubileets logotype har sin grund i en bild, målad av dåtidens främste blommålare, Georg Dionysius Ehret. Bilden beskriver sexualsystemets klass 10.
Linnéjubileet
Carl von Linné
Internationell verksamhet
Turism
Press
Ungdom
Trädgård
Vetenskap & forskning
Skola
Utställningar

国外でのリンネゆかりの地

カール・フォン・リンネの功績は、世界中で知られており、リンネゆかりの地はヨーロッパ内にもたくさんあります。リンネの初めての国外滞在は数年間に渡りましたが、ドイツ、オランダ、イギリス、フランスで、科学者たちを訪ねたり、人脈を広げたりしました。

リンネは1735年にスウェーデンを発ち、ハンブルグとアムステルダムに立ち寄った後、医学で博士号を取得しようと、オランダのハルダーワイクへ行きました。他国からのほかの留学生たちと同様に、リンネも自国で博士論文を書き上げてあったので、試験と論文の発表には、6日しか要しませんでした。博士号を取得してしまうと、講義に出たり、名高い医学者ブールハーフェに会いたいと、ライデン大学へも行きました。また、アムステルダムのヨハネス・ブルマンのもとや、ブルマンの植物園でも過ごしました。個人資産家のジョージ・クリフォードに出会ったのも、アムステルダムでした。ジョージ・クリフォードは、ハーレム近郊にある自分のハルテカンプ邸で、温室の管理と植物標本室の分類や整理の責任者として働かないかと、リンネに話を持ちかけました。そしてリンネは、ハルテカンプ邸に2年間滞在することになりました。このオランダ滞在中に、リンネはさらに、イギリスのチェルシー、オックスフォード、ケンブリッジへも短期で訪れ、1738年にスウェーデンに戻りました。

オランダでのリンネゆかりの地へのリンク
- アムステルダム植物園
- ハルダーワイク市観光局
- ハルダーワイク市博物館
- ハルダーワイク植物園
- ライデン植物園
- ライデン大学
- ライデンにあるブールハーフェ博物館
- クリフォード植物標本室
-ハルテカンプ邸 : ハルテカンプ邸には、現在、知的発達障害者用の集合住宅がありますが、庭園は一般公開されています。このホームページはオランダ語ですが、リンネが管理した庭園について紹介されています。

De Hartekamp Heemstede, © De Hartekamp Groep