In English
Jubileets logotype har sin grund i en bild, målad av dåtidens främste blommålare, Georg Dionysius Ehret. Bilden beskriver sexualsystemets klass 10.
Linnéjubileet
Carl von Linné
Internationell verksamhet
Turism
Press
Ungdom
Trädgård
Vetenskap & forskning
Skola
Utställningar

使徒たち

リンネは1741年ウプサラで教授に任命され、ルードベック旧庭園を受け継ぎました。この庭園は、今日リンネ庭園と呼ばれています。この庭園でリンネは、栽培植物と野生植物の双方から、授業をおこないました。リンネはまた、庭園に動物も飼育し、動物学と鉱物学の授業もおこないました。
教室の最前列に座らせていた学生たちを、リンネは「使徒たち」と呼び、その中から未知の国に派遣する弟子たちを選びました。リンネ本人は、教授に任命されてから外国に出かけることはなく、スウェーデン国内に留まりました。
17名の使徒と呼ばれた弟子たちのなかには、北アメリカへ遠征したペール・カルム、クック船長と共に最初の世界帆船旅行をしたダニエル・ソーランデル、クック船長と2度目の世界帆船旅行をしたアンデシュ・スパルマン、南アフリカ、日本、ジャワ島やスリランカ(旧セイロン)へ旅したカール・ペーテル・ツュンベリーなどがいました。ツュンベリーはまた、1784年以降、リンネの教授職を引き継ぎました。ツュンベリーは南アフリカと日本の植物相についての書物を出版し、またリンネの精神に基づいた約300本もの博士論文を博士課程の学生たちに書かせました。

詳細はこちら:
リンネのリンクプロジェクト - リンネとリンネの弟子たちの伝記などをオンラインにするプロジェクト
リンネとその弟子たち - ウプサラ大学およびソーデルトーン大学における「教師としてのリンネ」についての研究プロジェクト
IK Foundation & Company - 世界各地へ赴いたリンネの使徒たちの、日誌原本の研究と出版事業は、6年にわたって国際的におこなわれてきましたが、2007年に完了します。

ソーランデル:W.J.S. ブラウンによる油絵、ウィリアム・パリーの複製画© KVA
スパルマン © KVA
ツュンベリー:ヤーコブ・フレドリク・エークによる油絵、 ペール・クラフト二世の複製画© KVA