In English
Jubileets logotype har sin grund i en bild, målad av dåtidens främste blommålare, Georg Dionysius Ehret. Bilden beskriver sexualsystemets klass 10.
Linnéjubileet
Carl von Linné
Internationell verksamhet
Turism
Press
Ungdom
Trädgård
Vetenskap & forskning
Skola
Utställningar

オランダでのリンネ関連行事・イベント

オランダでも、2007年は1年を通して、楽しく興味深い行事やイベントがたくさん開催されます。リンネはオランダで過ごした時期があり、オランダに大きな影響を与えたので、当然のことといえます。

ハルダーワイクの街では、リンネに関連するイベントが1年を通して開催されます。リンネは1735年にハルダーワイク大学で博士号を取得しました。このことをはじめ、そのほか多方面のテーマを、大人・子どもと対象もさまざまな各種イベントで、取り上げていきます。

リンネがオランダ人科学者たちとの幅広い人脈を築いたアムステルダムでは、植物園、大学、動物園「Artis」、動物学博物館などで、リンネを記念する行事が行なわれます。リンネはアムステルダムで植物園を訪れ、魅了されました。リンネは植物園で何を見たのでしょうか。みなさんも、ぜひ訪ねていってご自身で確かめてみてください。

リンネにとってライデンも大切な場所で、記念年の間、ライデン市内でも花の王リンネの足跡が明示されます。リンネはライデン大学を訪れ、植物園にも深く興味をそそられ、多くの科学者たちと知り合い、その人たちの支援を得て、著書『自然の体系(Systema Naturae)』を出版することになりました。

リンネの生誕の日である5月23日も、やはり特別な日となります。ロッテルダムでは、リンネの「Horologium Florae(花時計)」が時を刻み始め、オランダ滞在期間の大半を過ごしたLandgoed de Hartecamp(ハルテカンプ邸)などでは、生誕の日を祝う祝典が開かれます。

リンネ年には、リンネの業績にも焦点があてられます。「Linnean travel: transgressions and narratives(リンネの旅:宗教罪と話術)」、「Linnaeus 300 - the future of his Science(リンネ生誕300年-リンネの科学の行方)」、「Linnaeus and the Environment, Yesterday and Today(リンネと環境の過去と現在)」などのセミナーが開かれます。ぜひご参加ください。

ご興味がありましたら、ぜひオランダへいらしてください。

下記のリンクをクリックすると、行事・イベント予定をご覧いただくことができます。
www.linnaeus2007.nl
Keukenhof